観光物産館 デコラクリート施工

最近暖かくなり、春らしい気温になってきましたね。
 
さて今回は山形観光物産会館で施工中のデコラクリートをご紹介します。
 
デコラクリートはコンクリート床面が硬化する前にパターンマット(押型)を押し当てて様々な模様を
 
表現する押型デザイン床工法です。
 
デザインの一例としては割り肌調、レンガ模様、木目模様などがあります。
 
今回は木目模様の釘目付き、色はアースブラウンで施工しました。


 
コンクリート打設後、ベースカラーを散布し色を付けていきます。
 

上の写真は、今回のアースブラウンの色を付けたところです。
 
 
ここにリリースパウダーを散布し、目地部分や、模様の凹凸部に微妙な色の違いをかもし出し
 
自然な風合いを表現していきます。
 
パターンマット(木目模様釘目付き)

 
パターンマットを敷き、模様を付けていきます。
 
 
 
左が模様付の前、右が模様付け後
 
 
模様付け完了
その後、トップコートを施工すれば完成です。
 
 
トップコート施工後
 
 
トップコートを施工すると、色合いが増して自然な模様が浮かび上がります。
 
こちらの山形観光物産会館は4月27日リニューアルオープンですのでみなさん一度足を運んでみ
 
てはいかがでしょうか。
 
建築・アベイル事業部  大内真志
 
 

コメント